結婚式の二次会で景品を考える

目録の書き方

嬉しい景品結婚式二次会で景品を渡すとき、その場では
実物を用意しないことはよくあります。

結婚式二次会ではどんな人もかなりの荷物を
抱えていることが多いものですから、
そこに景品が加わっては持ち帰りも
大変になってしまうからです。

そこで目録として渡すことになるわけですが、
この書き方はどうすればよいのでしょうか。

これは、別に決まった様式があるわけではありません。

贈呈

言ってしまえば景品名を書いておくだけでも
最低限の役割を果たせることにはなります。

しかし、内輪だけのちょっとした集まりならばともかく
結婚式二次会となれば、それは両家の結婚式の
延長線上にあるものですから、やはりある程度は
形式にも気を配るべきでしょう。

最もよいのは、景品を用意する際に同時に
目録についても用意してもらうことです。

結婚式二次会で使用するものなのでと言えば、
それなりにしっかりとした業者であれば
対応してくれるはずです。

しかし、もちろん自分で作成することも
可能ですし、さほど難しいものではありません。

用紙は和紙が良いですが、無ければ和紙風の紙でも
構いませんし、パソコンで毛筆フォントを使って
プリンターで印刷できる用紙もあります。

目録

基本は縦書きとし、まず目録と書きます。
続いて、一、掛時計、などのように実際に贈る
景品を書き、その隣に、右、二次会景品として
贈呈いたします、と書いたうえで、日付と
贈り主の名前を入れれば完成です。

贈り主は通常新郎新婦となるでしょう。