結婚式の二次会で景品を考える

予算の立て方

嬉しい景品結婚式を挙げるカップルの多くが、結婚式二次会を開催します。

結婚式に呼べなかった人を呼んだり、親しい間柄の人たちと
カジュアルに過ごしたいと思っている新郎新婦にとっては
大切な時間になります。

結婚式二次会の内容としてゲームなどの余興を
考えているカップルも多いですが、そこで悩むのが
景品ではないでしょうか。

景品はいくら使っても良いと考える新郎新婦もいますが、
予算には限りがあるという新郎新婦も多くいます。

少しでも予算を押さえつつも参加者に楽しんでもらうのに
良い方法があります。

二次会

それは景品を一つしか用意しない、というものです。

ゲームの勝利者を一人、あるいは一組としてしまうのです。
そうすれば、一つの景品にかける予算を立てやすくなります。

参加者も、普段は手にすることのできない豪華賞品を
手にすることができて喜んでくれること間違いなしです。

基本的に参加者から会費をいただく形になるので、
結婚式二次会を開催する場所代や飲食代、
演出にかかる費用などをすべて計算して会費を割り出し、
そのあとでいくら分の金額を景品代にすることが
できるか計算してみましょう。

ここで気を付けなければならないのは、決して自分たちの
懐にため込むことにならないようにという点です。

結婚式

いくら隠しても、分かる人には分かってしまいます。
一生に一度の結婚式二次会ですから、悔いのないように
準備しましょう。

そのためにはさまざまなところから情報収集することが大切です。